So-net無料ブログ作成

♪ 第83話 Nielsen, Carl August [近代]

♪ Nielsen, Carl August (1865~1931 デンマーク)

♪独断で決めつける有名な曲Best5
1. 交響曲第4番「不滅」     ★★★
2. 交響曲第5番         ★★
3. 小組曲            ★★
4. 交響曲第2番「四つの気質」  ★
5. クラリネット協奏曲      ★
(有名度 ★★★★★=誰もが知っているはず ★★★★=メジャー曲 ★★★=準メジャー曲 ★★=知っているとちょっと誇れる ★=知っているとマニア扱いされる)

そこそこ名が通っている作曲家で、さっぱり好きになれない作曲家が数人います。その数少ない1人がこのNielsen。

はじめてNielsenの作品を聴いたのは、交響曲第4番。たぶん高校時代最後か大学時代初期だと思います。「不滅」というタイトルに魅かれたのだと思いますが(ほんとうは「消し難きもの」くらいの意味)、2台のティンパニの超絶技巧くらいしか印象に残らず。木管五重奏曲、「かいなきセレナード」などエアチェックしたものの、これまた印象に残らず。弦楽合奏ということで、作品1の「小組曲」も聴きましたが、特に・・・。

社会人になって、交響曲の譜面とCDを一通り揃え、協奏曲もだいたい揃え、最近歌劇もピアノ曲もCD購入してみて、と、そこそこ数は聴いているつもりなのですが、一向に好きになれる気配がありません。

現在のところ、「身の丈を超えて背伸びしすぎて書いたような印象で、結果、自然な感じがしない」というのが個人的な所感。がんばって書いた感じはするのです。でも、そこここに目立つ実験的な和声、独自なオーケストレーションなどが、まったく板についていない感じが・・・。結果、自分としては心から共感できない。ここが、自分の中では同じ北欧のSibeliusとの決定的な違いとなっています。

もっと聴きこめば面白さがじわじわわかってくるのか、ほかの隠れた名曲を教えていただいて聴いた方がいいのか、そもそも自分に合わないだけなのか。今までNielsenファンなる人に1人も出会ったことがないのですが、いらっしゃったらぜひご意見をお伺いしてみたいものです。

以上でございます。


笹崎の好きな曲Best5
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

1. 交響曲第5番   中ではまだこれがよいような・・・
2. 交響曲第4番   ティンパニしか・・・
3. 該当なし
4. 該当なし
5. 該当なし

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

歌劇「仮面舞踏会」は意外とすんなり聴けた記憶があるけれど、1度しか聴いてないし、譜面持っていないのでランク外。


次回は、OhanaとOrff。Nonoはパスで・・・。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★                        ★
★       今月の国際ニュース        ★
★                        ★
★   「温家宝」というテロップを見ると     ★
★   何やらおいしそうなイメージがふくらむ   ★
★                        ★
★                        ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

八宝菜みたいな・・・。自分だけでしょうか。


では、また。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。